HYOGO KURUMI site

thank you for access...(^p^)さんきゅうふぉーあくせす...(^p^)

Top / PsychoRevision / Profile / Works

心理校閲とは

 「心理」とは文字通り、心や意識のことです。「校閲」とは出版用語で、文章内の情報の誤りを調べて検討し、適切な文章に訂正することです。
 「心理校閲」とはすなわち、心や意識の迷いや思い込みなどを、言葉から探り、現実を基準とした情報に修正する作業なのです。

 カウンセリングとの違いは、「傾聴ではない」ということです。受容や共感は一切なく、言葉を疑い、否定し、現実以外は認めません。
 これは、必ず「今を変えたい人」向けの考え方であり、精神的に弱っている人には不向きと言えます。

 悩みや迷いの解消の先に選択肢があり、その先に問題の解決があります。
 心理校閲の力は、「悩みや迷いの解消」であり、選択肢を明らかにするところまでです。

 発達障害や精神疾患特徴などの境遇により、生き辛さを抱えている方はぜひ、お薬を頼られる前に一度ご相談ください。

校閲対象となる特徴

 私は「考えるお手伝い」をするまでですので、「相談相手がほしいこと」なら、なんでも相談対象です。
 まずはお申し込み時に、相談内容をお伝えください。私が力になれる部分を回答し、ご了承いただけたら予約確定とさせていただきます。

 以下のカテゴリでしたら、私自身にも関わりがあることなので、相談にのりやすい内容です。
 いじめ(10代)、精神疾患や発達障害特徴の悩み(10代/20代/30代)、両親の一家心中未遂、両親の宗教、過剰恋愛感情、人間関係の悩み。

相談時の流れ

 基本はフリートークです。なるべく相談者さまのご意向に沿った流れで会話をします。
 相談場所は「JR山手線」沿いエリアの、どこかの喫茶店やカラオケ店とさせていただきます。その場所まで自費で来ていただきます。
 飲食費や利用料は個別会計で、高くても1000円程度の軽食を想定しています。いいお店があったら教えてください。

相談日/相談料/支払方法

  • 相談日:毎週日曜日のみ
  • 相談料:1枠3時間3000円 (将来的に値上げを検討しています)
  • 支払い方法:当日、相談終了後に現金手渡し

予約方法

     予約はメールでのみお受けしております。下記の内容を沿えて「contact■hyogokurumi.com」(■→@)にお送りください。
     内容を読んで、力になれる部分と校閲日をお伝えします。
     それについてご了承いただけましたら予約確定とさせていただきます。

    ※コピペしてご活用ください
    ・お名前:原則、本名はおやめください
    ・ご年齢:
    ・ご職業:
    ・現在の生活状況:
    ・ご相談内容:
    ・その他何かあれば:

その他の相談方法

     Twitterのダイレクトメールを利用した相談でしたら、いつでもお受けしています。無料です。
     アカウントはこちらです。https://twitter.com/hyogokurumi
     相談のメッセージを送る際は、最初にこちらの心理校閲のページをみたとお伝えください。