人格意識のとらえ方② — 海辺モデル(静寂)

海辺モデル(静寂)

  海辺モデルの「静寂」とは、「自分」と「社会性」が「脳」の影響を受けておらず、それぞれの適切な距離が保たれている状態である。端的に言えば「落ち着いている状態」である。

   ◇ ◇

 社会性の模様が平均的であれば、津波がきたり浸水状態になったとしても、短期間のうちに海が引けば元の静寂状態に戻ることができる。

 強すぎる津波が来たり浸水状態が長期間続いた場合は、社会性が破壊されたり、浸水した期間によっては、歪んだ社会性が形成されてしまうケースがある。その場合は復興が必要となる。

   ◇ ◇

 発達障害者は浸水状態のまま活動しており、この静寂状態をほとんど体験していないまま生きていると考える。言葉を使うこと自体が浸水状態の増強になるからだ。

 当事者がこの静寂状態になるには長期間、言葉を遠ざけるなどして浸水状態を解消し、社会性を平均的な模様に再形成する必要がある。
 浸水の解消自体は1〜2ヶ月程度で可能だが、社会性の再形成には更に年月がかかるだろう。



Copyright (C) 2016 "HYOGOKURUMI" All Rights Reserved./「来未炳吾・平極ルミ・HYOGOKURUMI」の発達障害考察を主とした全ての発信は、相互不干渉など特別な約束をした者達を除き、どなたでもご活用できます。ただし著作権は放棄しておりません。あしからずご了承ください。詳細は著作権に関するガイドラインをご一読ください。/「HYOGOKURUMI.site」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。