依存症の人格化

 一般的に依存症の状態とは、「健常的な意識に依存症なる部分がくっついている」、あるいは「健常的な意識の一部、または意識全体がその症状になってしまっている」、そんな感じだろうか。

 いずれにせよ多くの人がまず「健常的な意識や脳」を立てて、その次に「依存症の症状」を追加するといった順序で考えるだろう。

   ◇ ◇

 実態はどちらも違うと私は指摘する。今の意識だって、人生と共に形成された脳の習性であることを皆が失念しているのだ。

 「私」や「あなた」も、定型発達のあの人も、その人格は「ただの依存症状の産物」なのである。

 ではなんの依存か? それが本編でしつこく伝えている「言葉」である。だから定型発達だって衝動性や麻痺の症状を抱えているし、言葉を遠ざけることにより依存症、すなわち発達障害は改善に向かうのだ。

   ◇ ◇

 発達障害の考察を深めていくと、このように「依存症は人格として機能する」という認識に帰結する。

 依存症からの克服経験がある人なら想像しやすいだろう。依存症状に振り回されていた時の自分を振り返れば、「まるで別人のようだった」と誰もがそう主張する。

 宗教や啓発ビジネス、会社の教育の影響を受けた者が、まるで生まれ変わったような感覚に陥るのも同じ理由である。それらは人の意識をその教えの言葉、つまりその「海」で満たすからだ。

 発達障害の改善を通して体験する意識遷移でも、回復域の拡大と共にそれに近い実感を認識することができる。
 変わっていく自分と、言葉の影響で変えられていた自分。
 そして、その2人を認識している渚の存在を。



Copyright (C) 2016 "HYOGOKURUMI" All Rights Reserved./「来未炳吾・平極ルミ・HYOGOKURUMI」の発達障害考察を主とした全ての発信は、相互不干渉など特別な約束をした者達を除き、どなたでもご活用できます。ただし著作権は放棄しておりません。あしからずご了承ください。詳細は著作権に関するガイドラインをご一読ください。/「HYOGOKURUMI.site」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。