発達障害の水際対策③ — あるべき生活様式を知り、維持する

 発達障害は言葉の依存症と繰り返し言っているが、言葉はあくまでも最も影響力が大きい要素の1つに過ぎない。衝動性を煽ってくる要素はなんでも発達障害の要因になると考えるべきである。たばこ、酒、ギャンブル、ゲームは勿論、テレビやネットなどの情報、歌や音楽、中毒性の高い食べ物など、脳を煽るものならなんでも対象となる。

 発達障害を改善するとは、一般的な社会人としての生活様式を止めるということだ。症状を改善したい者はこの回答を受け入れる必要がある。

   ◇ ◇

 でも、ずっとやめ続ける必要はない。最初は回復に専念する期間をつくるとして、その時ばかりは徹底的に遠ざけるべきだが、回復域になれた後は、そのコンディションが常態化していればいいわけだ。

 私も酒とタバコとギャンブルはやめたが、ゲームは今も現役でやっているし、こうしてほぼ毎日なにかしら記事を書いている。休んで回復域に戻ってこられれば何も問題はない。(それでも、酒とタバコとギャンブルだけはおすすめしない)

   ◇ ◇

 ここでネックになるのが家族の存在である。

 あえて厳しい言い方をするが、家族のことは「喋る酒」だと思うしかない。私は妻と二人暮らしで、私は文章で、妻は絵を描く。だからお互いが黙々と創作活動をしている時間が長いのだ。

 作業場所もリビンク、ダイニングのテーブル、作業部屋と複数あるのでいつでも気軽に一人になれる。一般家庭よりも会話量は少ないだろう。

 そういう環境がつくれない当事者は、家族と相談して自室などのプライベート空間を設けるか、家から出て一人暮らしをするしかない。

 あと、パートナーがいる当事者は子作りについては慎重になった方がいいだろう。私には子供がいないので具体的な話ができないのだが、「作らない方がいい」とは言わない。

 ただ、相当の工夫が必要になることは間違いない。



Copyright (C) 2016 "HYOGOKURUMI" All Rights Reserved./「来未炳吾・平極ルミ・HYOGOKURUMI」の発達障害考察を主とした全ての発信は、相互不干渉など特別な約束をした者達を除き、どなたでもご活用できます。ただし著作権は放棄しておりません。あしからずご了承ください。詳細は著作権に関するガイドラインをご一読ください。/「HYOGOKURUMI.site」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。