著作権に関するガイドライン

 本ページでは「来未炳吾・平極ルミ・HYOGOKURUMI」(以下、私)の発信に関する著作権について説明します。

 私が「HYOGOKURUMI site」(https://hyogokurumi.com/)を拠点としておこなっている全ての発信(書籍・ブログ・その他)は、相互不干渉など特別な約束をした者達を除き、どなたでも活用できます。

 ただし著作権は放棄しておりませんので、私のブログや書籍の内容を「引用」あるいは「参考にしたもの」を発信する場合は、使用する媒体の中にその著作元となるタイトルやアドレス情報を表記してください。無断での転載・複製は固くお断りします。

スポンサーリンク


表記の仕方について(全般)

 他人の著作物を利用する場合の一般論で考えてくださればなんにも問題ありません。該当する部分が私の考察を参考、あるいは引用したものであり、参考文献や出典の項に私のホームページや著書へのリンクが表記されていればいいわけです。

  1. タイトル(ホームページのタイトル、または書籍タイトル)
  2. 筆名(来未炳吾、平極ルミ、HYOGOKURUMIなど、その媒体で使用している筆名)
  3. URL(ホームページのURL、または書籍の販売ページ)

 通常は上記1〜3の3種類の情報が整っていれば良いと考えます。

 ただ、レイアウトの都合など媒体によっては3種類の表記が難しい場合もあるかと存じます。その場合「1」だけにする、または「1と2」だけにするなどの調整をしてくだされば良いと考えます。

 


あぶり出し型脳について

  『あぶり出し型脳』に関するガイドラインページをご確認ください。

 


使用に関する連絡について

 使用に関する連絡は任意とします。事前承諾などの連絡をくだされば、内容の確認・監修などでご協力できる部分もありますので、お気軽にお問合せください。お問合せはTOPページのCONTACTからお願いします。

※昨今、他者・他社の著作物を無断で使用する問題が激化する傾向にあり、たとえ私とあなたが良しとしても、ご活動の協力者など第三者を巻き込んで、望まない問題に発展してしまう恐れがあります。そのような事態を私は望みません。何卒よろしくお願い申し上げます。

 


Copyright (C) 2016 "HYOGOKURUMI" All Rights Reserved./「来未炳吾・平極ルミ・HYOGOKURUMI」の発達障害考察を主とした全ての発信は、相互不干渉など特別な約束をした者達を除き、どなたでもご活用できます。ただし著作権は放棄しておりません。あしからずご了承ください。詳細は著作権に関するガイドラインをご一読ください。/「HYOGOKURUMI.site」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。