INT_2:資料『「言葉の使用量」を管理する必要性とその方法』

 INT_1でお話しした『言葉の使用量』に関する持論を資料にしたので掲載します。

 こちらは〝論文を目指して作成した資料〟です。私個人的には論文と称する上で求められる質を満たせていないと思っています。

 

 

 こちらの資料の作成にあたり、論文の書き方や主張の内容のについて、これまでの発達障害考察を通して繋がれた方々にご協力いただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます

 


 御アクセスありがとうございます。当プロジェクトやワードカウンターの考案に至った経緯にご関心のある方は、下記いずれかのコンテンツをお読みください。

発達障害考察本2:心理校閲

言壁の棺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


Copyright (C) 2016 "HYOGOKURUMI" All Rights Reserved./「来未炳吾・平極ルミ・HYOGOKURUMI」の発達障害考察を主とした全ての発信は、相互不干渉など特別な約束をした者達を除き、どなたでもご活用できます。ただし著作権は放棄しておりません。あしからずご了承ください。詳細は著作権に関するガイドラインをご一読ください。/「HYOGOKURUMI.site」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。